Cell、3Dの実用性

チェア

デザイナー Martin Ballendant

チェア

機能的でサステナブルなこのチェアは、3D技術で開発されたコンポーネントにより、伝統とテクノロジーを組み合わせています。
金属構造が背もたれと座面に交互に配されており、快適で人間工学に基づいた設計になっています。
スペースを最適化する観点から、Cellは積み重ね可能で、チェアを整然と保管できるように、アームレストはテーブルの上に置いて脚を浮かせたままにすることもできるように設計されています。

詳細はこちら

これで終わりではありません。その人工的で特殊なスタイルによって、Cellは環境への配慮を最もよく表しています。それは、持続可能な資源の金属や「ReMade in Italy」認定された第二の人生を与えられたプラスチックといったリサイクル素材で作られているためです。
強い個性と優れたオリジナリティにより、レストランや社員/学生食堂、ラウンジエリア、リラックスエリアに最適です。

閉じる

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385