C-Stool、ダイナミックな関係性

オフィス用ロビーチェア

デザイナー Atelier Studio Borella

オフィス用ロビーチェア

C-Stoolは、正しい姿勢を積極的に求めよう身体に教え、人とチェアの関係を新たな方法で試すよう促すスツールです。

実際、C-Stoolのわずかな傾斜は、背もたれと肘掛けがないことと組み合わされて、参加型人間工学を保証し、座る人に、より意識的・生産的な姿勢で勤務時間中に仕事をする新たな方法を提案します。

詳細はこちら

C-Stoolは、オフィスで座りっぱなしの日常に直面している人に最適です。完璧なウェルビーイングへと導く機会をもたらすだけでなく、自分自身の声に耳を傾け、より深い集中力を達成する手段にもなります。

C-Stoolは、フットレストバーを追加したハイバージョン、またはローバージョンがあり、ワークステーションと非公式の会議用の会議室のいずれにも適応します。
色と仕上げはカスタマイズでき、構造とチェア表面の間に柔らかな組み合わせやより鮮やかな組み合わせが可能です。

閉じる

 

 

デザインストーリーズは、Edi & Paolo Ciani Designが考案、デザインしたアームチェアのCityがテーマです。

 

当社の記事の詳細はこちら:
知識から設計まで

 

 

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385