Abbey、丸みを帯びた遊び心

アームチェアとソファ

デザイナー Atelier Studio Borella

アームチェアとソファ

Abbeyのアームチェア、ソファ、プーフのラインは、線と色の間の柔らかさと調和への賛歌です。曲線を描くふっくらとした形状は、自発的で型破りな方法での遊びや使用を促します:Abbeyラインのアクセサリーの背もたれや肘掛けに座ったり、寝転んだり、寄りかかったりできます。

詳細はこちら

チェアにはアームチェアとソファのバージョンがあり、プーフセットも付いています。共有やリラックスを目的とするオフィスや施設内のスペースや居住スペースに最適です。

Abbeyラインの各アイテムは、このデザインの人間的で温かい側面を強調するために、意図的に不完全なステッチが見えるように手縫いで施されています。

閉じる

 

 

FrancescoとStefano Borellaのアトリエで、過去と現代の間にパラレルに存在するオブジェ、記憶をたどり新たな道を定義する軌跡であるAbbeyのラインが誕生しました。

 

当社の記事の詳細はこちら:
大切にあつらえた不完全さ

 

 

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385