Quadrifoglio Groupは2021年アルペンスキー世界選手権の地域サポーターです

Quadrifoglio Groupは、27日から21日まで開催される2021年アルペンスキー世界選手権の地域サポーターとしての契約に署名しました。

今年創業30周年を迎える同社は、ドロミテの女王の魅力的な環境で開催されるイベントのラウンジとホスピタリティエリアの内装に際して、コルティナ財団から選ばれました。
特に、Quadrifoglioが完全に調度を整えたエリアが2つあります:1つはレーストラックに隣接するレースオフィスを含むアスリートのホスピタリティエリア、もう1つはチームキャプテンのミーティングルームがあるアレクサンダー ジラルディ ホールです。

これは、スポーツを振興し、コルティナ財団チーム、アスリート、この世界的なイベントに関わるすべての運営者のサポートに積極的に貢献するという考えから生まれた、グループ全体にとって重要なコラボレーションです。

「2021年アルペンスキー世界選手権は、スポーツ、チームワーク、信頼性、サステナビリティのポジティブな価値を体現しており、これは社内外を問わず世界中のQuadrifoglio Groupを常に同定してきたのと同じ価値観です。このため、地域サポーターとして締結されたパートナーシップは、当社グループにとってさらに重要で価値あるものになります」と、グループCEOのAlessandro Ciaは述べました。

世界80か国以上でグローバルに展開し、ビジネスパートナーと協力してヨーロッパに6か所の直営ショールームを開設するなど、優れたデザイン、快適性、機能性を備えた製品が高く評価されているQuadrifoglioが、このイベントに参加します。会議用テーブル、施設用チェア、ラウンジ用チェア、コーヒーテーブルなど、すべて「メイド・イン・イタリー」の独自の家具ソリューションで、アスリートや専門家の休憩や会議の時間に最大限の快適さを提供します。

「Quadrifoglio Groupは、純粋にイタリアのスタイルと機能性を組み合わせた完璧なソリューションを提供すること、またイベントを迅速かつ効果的にサポートする柔軟性と能力で選ばれました。私たちにとって、世界選手権と並んでイタリアの卓越性を擁することは誇りの源です」とコルティナ財団運営ディレクターのMichele Di Gallo氏は述べ、「スポーツは重要な価値観の伝達手段であり、快適で居心地が良く、センスの良い環境を作り出す方法を知っているパートナーの選択にも影響します」と続けました。

Quadrifoglioにとって、これは注目を集める絶好の機会であるだけでなく、世界的なイベントとそれが促進する価値観をサポートするというコミットメントでもあります。

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385