Quadrifoglio GroupがGood Design Award 2022を受賞

Dorigo DesignがデザインしたQuadrifoglio GroupCompassoチェアが、シカゴ アセニアム建築・デザイン博物館の賞を受賞しました。

 

建築家のEero Saarinen、Charles&Ray Eames、Edgar Kaufmann Jrによって1950年に誕生し、今年第72回を迎えるGood Design Awardは、European Centre for Architecture, Art, Design and Urban Studiesと協力してシカゴ・アセニアムによって与えられる世界で最も権威ある賞の1つで、形状、素材、構造、コンセプト、機能、実用性、サステナビリティ、美学の観点から、その年で最も革新的な製品を選出します。

Quadrifoglio Groupは、Studio Dorigo Designの創造性から生まれた彫刻的で洗練された機能を備えた木製チェアのCompassoにより、家具部門でこの重要な賞を受賞しました。

同グループのDesign Livingコレクションの一環として2022年6月にスタートしたこのプロジェクトは、25度に傾斜したコンパスのような後脚の独特な構造が際立っています。細部へのこだわり、厚さと断面の調整研究により、調和のとれた形状の要素が定義されます。前脚のセクションはベースが三角形で、座面との接続部は四角形になっています。後脚の断面は三角形で、高さに応じて変化する1本の木材から作られています。バリエーションのコンセプトは、湾曲したパネルの厚みが異なる背もたれにも見られます。

オーク、ウォールナット、シャドーグレー、ホワイトアッシュの座面は、ベースと同じように木材で作ることも、パッドを入れて幅広い種類の布地や革で覆うこともでき、住居のリビングやホスピタリティ環境、ケータリングに特化してインテリアを整え、空間の中心になります。

入念なデザインと研究の結果、この栄誉ある賞は、革新的なデザインと完全な「メイド・イン・イタリー」、高品質の素材によって、空間に付加価値をもたらすことができるインテリアアクセサリーを提案するQuadrifoglio Groupの不断の取り組みを国際的に証明しています。

 

公式授賞式の3月31日から、Compassoはアテネのシカゴ アセニアム建築・デザイン博物館の常設展で1年間展示されます。

 

Compassチェアの詳細を見る

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385