Quadrifoglio Groupがサステナビリティレポート第3版を発表

2021年新レポートの目標と目的に見るグループの現在と未来

 

Quadrifoglio Groupは、サステナビリティレポートの3版を発行しました。これは自主的に作成された非財務文書で、経済、社会、環境レベルで2021年の結果を利害関係者にわかりやすく説明し、近い将来の目標も示しています。

この決定は、最も広い意味で考慮された環境責任の観点から当社が取り組む道筋についてタイムリーな情報を提供したいという思いが結実したものです。

2021年は、健康上の緊急事態が続いたことが特徴です。この緊急事態により、全面的な生産停止には至りませんでしたが、ハイブリッド型のワークスペースに対する新たなニーズと、人々とそのウェルビーイングに焦点を当てたいという需要の高まりにより、正常に戻ることに向けた準備段階につながりました。当グループは、経済成長と社会的および環境的影響を切り離すことは不可能であることを認識しており、倫理規定に従い、具体的な行動を通じて新たな重要な目標を達成するために取り組み続けています。

2021年のレポートでは、与える影響をより深く理解し、人を中心に据えたより良い未来の計画に貢献する戦略を開発するために、SDGs2030年目標が定める重要課題についての分析が行われています。

以下に、私たちが取り組んだ主な側面をまとめます:

  • 2021年1月に新しいISO 45001規格への重要な適合が達成されました

 

  • 2020年以降、メラミン木質材料の供給はすべて100% CARBです。これは、さまざまな揮発性汚染物質を考慮し、高い大気質基準の維持を保証するカリフォルニア州大気資源局によって発行された認証です

 

  • 製造される製品の45%、責任を持って管理された森林からの木材の使用を保証するFSC™認証(森林管理協議会)を取得しています

 

  • エネルギーの30%は当社の工場にある太陽光発電システムから供給されており、278トンの二酸化炭素に相当する温室効果ガス排出量の大幅な削減につながります

 

  • サプライチェーンは、サプライヤーとパートナーの57%が地元にあり、追跡可能で社会的・環境的に配慮した供給を確保しています

 

  • デジタル化への取り組みを継続して行っており、主に人事管理と文書に影響を与える特定のソフトウェア・ソリューションの取得が行われています

 

  • 物流基準を定め、これを一部の正規サプライヤーと共有した結果、使用期限のないプラスチック容器を再利用することで、使い捨て産業用包装材の消費量が大幅に削減されました

 

  • 機能的なITツールを導入し、物流データと倉庫管理(WMS)の継続的で総合的な更新を保証します

 

  • 専門的な最新情報の観点から、健康と安全、技術、言語、管理の分野に関連した合計3,693時間の研修が提供されました

 

  • 絶えず発展する企業福利厚生により、すべての従業員に補完医療のための特別基金であるFondo Arcobalenoに参加する機会が与えられます

 

  • スポーツはインクルージョン、共有、参加、社会的集合体の価値を実現する手段であるとみなしているため、主に地元のさまざまな青少年スポーツ協会を後援する取り組みを継続しています

 

Quadrifoglio Groupはまた、エコデザインに関連する研修コースの修了、製品のライフサイクル評価、企業のすべての部門に拡張された持続可能性指標の評価など、新たな重要な目標の達成にも取り組んでいます。また、Towards Net Zeroは、気候変動ガスの排出をさらに削減することを目的としています。

Quadrifoglio Groupの2021年サステナビリティレポートは、GRI(Global Reporting Initiative)が2016年に発行したGRIサステナビリティレポーティングスタンダードに基づいて作成され、2か国語で提供されています。

このレポートの完全版は、以下で参照できます:https://bit.ly/40BXnrm

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385