Moreno De Giorgioとの旅

デザイナーの言葉でランプの開発ストーリーを伝えるためにQuadrifoglio Groupが立ち上げたプロジェクトであるDesign Storiesは、今日、Moreno De GiorgioがOfficityおよびKarboxxとのコラボレーションにより考案したLightSoundプロジェクトを公開します。制作プロセスでは、作業スペースの視覚的および音響的快適さのニーズに応えるこのユニークなソリューションを生み出せるステップをもれなく発見するため、このイタリア人デザイナーと一緒に旅をしました。

この光の職人の手から生まれたこのプロジェクトの形状は三角形で、一方の面は柔らかい縁の吸音パネルで、もう一方の面はLEDランプ用に空で角張っています。LightSoundは、明確な表現で、Morenoの個性と直感的に結びついています。それは主題への静かなアプローチから生まれ、空間はその使用者によって影響を受ける作業ツールであるという、デザイナーの確信とともに生まれました。

オフィスの環境はそこで活動する人々によって変化します。これは、旅行中に見たさまざまな文化や建築物の影響を受けるために起こります。継続的に移動・変化することで、プロフェッショナルは迅速かつ機動的になり、新しい働き方や最新のテクノロジーに適応できるようになります。そして、オフィスは人々が対話しアイデアを交換する必要がある場所であり続けます。このため、LightSoundは、光を提供するLEDランプと、エネルギーのバランスで音を吸収するパネルという、相反する2つの異なるモジュールを備え、相互に見聞きするニーズを満たす空間に介在します。

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385