Blondeの色

Design Storiesは、KarboxxとともにBlondeペンダントライトを考案した、設計者のMassimiliano Mornatiと対談しました。このペンダントライトは、最大5メートルの長さ調整が可能で、褐色の真鍮やコンクリートといった特別な仕上げが施されたアルミ押出材を使用しています。生み出される作品や製品のラインと同じように、定義とストーリーが正確に明示されています。Massimilianoは、感覚や意志を通じて自分のプロジェクトを体験し、それから、余分なものを取り除き、素材の影響を最小限に抑えるために、引き算によるクリーニングプロセスである細かい作業を開始します。

Blondeは単に機能的な製品のように見えますが、その中に設計者自身の人生が隠されています。このランプは典型的な屋根のような台形の形にデザインされており、その下で言葉が交わされ会議が開かれ、快適な空間や家庭で、夕暮れ時、暖炉が火が入れられ、傷のついたレコードからボブ・ディランの音楽が流れ、人々の間でアイデアが交換されます。Blondeは、豊かで生命を与える素材の仕上げが施され、それ自体の奥行きを描き、セメントとコルテンの色はモダンでインダストリアルな要素、褐色の真鍮と光沢のあるクロムで装飾的な要素を成しています。また、使う人がカスタマイズでき、本質的かつ独特な方法で空間に溶け込める家具要素になります。Blondeはランプとしてではなく、形や呼び起こされる色として生まれました。

 

 

これは、イタリア人デザイナーの作品とデザイン研究の基礎となる、ラインと素材、この2つの特徴についてのプロジェクトです。Massimilianoは、あらゆる角度や奥行きを示し、あらゆる細部を検討し、光の感覚を概説します。それは、彼に固有の詳細や計画において、デザインとの本能的なつながりであり、研究が構成の理論と歴史を示す前から存在していました。「私は、建築から展示デザイン、環境から製品に至るまで、さまざまなプロジェクトに従事しています。ランプの設計はより複雑で直感的であり、レパートリーがなく、すぐに技術的な側面に対処しなければならないため、エキサイティングな挑戦です。」

Massimilianoは、経済的要素と人文主義的要素をバランスよく組み合わせ、グラフィックの限界を超えた流れを生み出しています。ランプは、その光の柔らかさだけでなくその控えめな形によって、日常の真のつながりとなる人々の関係の中にありたいと考えています。それは、彼が世界の文化に目を向けるために経験したことや旅行について語る様子からもわかります:Massimilianoは地中海の伝統とは異なる多様性を求めていますが、常に愛するイタリアの元に立ち返ります。彼は陰険で粗野なデザイナーに見えますが、実は登るべき山のような存在であり、自然の中を縫う小道が、果てしない対内的な平穏を眺めながら孤立した山頂へと続いています。

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385