知識から設計まで

Design Storiesは、Edi & Paolo Ciani Designが考案、デザインしたアームチェアのCityがテーマです。
この2人の兄弟は、Quadrifoglio Groupのコラボレーションにより、本質的なライン、つまり会社の哲学並びに自らを反映した、クリーンなデザインを探究しています。

彼らは、生地の張りに最適なダブルステッチ、最適な快適さと人間工学を実現する座面の位置で異なるパッドの密度といった業界ルールを備えた仕立て屋だと自らを評しています。チェアの最終的な用途は座って聞き、集中することなので、これらはすべてのプロジェクトの基本となります。経験から、EdiとPaoloは背もたれの薄さや柔らかい曲線、傾斜など、製品のパラメータとプロポーションを改善し、洗練させることができました。製品開発プロセスでは、さまざまなプロトタイプを経てフライス盤に送られ、次にタッチプローブに送られて、ラボで行われた手動修正に合わせてリアルタイムで3Dモデルが更新されます。

 

 

この研究は、イタリアンテイストを理解し、それがどのように世界の歴史を作ってきたかを認識している人々と私たちを対象としています。チェアは、さまざまな張地とベースのおかげで、待合室、住居、会議室といったさまざまな空間をデザインするインテリアデザイナーの探求に適した、一貫した進化のモデルになります。
Ciani Designは、美的環境と機能的環境が混交するチェアとしてCityを提案します。しなやかで暖かみのあるラインが特徴の都会的なスタイルです。

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385