いい鉛筆、おいしいコーヒー、優れた3D

Design Storiesでは、GabrielPolloni Associatiスタジオが開発した2つの製品を取り上げます。さまざまな業務を念頭に置いて製作されたユニークなコレクションは、コワーキングのコンセプトがますます浸透しているオフィス空間のような、親しみやすいデザインです。2人のデザイナー、Stefano GabrielとPiergiorgio Polloniが、コーワーキングスペースのコンセプトから出発してQuadrifoglio GroupとデザインしたX5およびX9デスクについて説明します。マーカーで全体をマーキングすると、ワークスペースの境界が壊れて失われるため、制約のあるラインがますますぼやけていきます。

ワークツールが固定された場所から切り離されているため、技術的な制限が少なく、表現の自由が広がり、創造性がさらに高まります。かつて特殊化されていた製品は、今日では本来の機能を奪われ、不要になっています。製作物は数秒のうちに吟味され、すぐに印象に残るものでなければなりません。デスクは素材、構造、そして機能です。また、スタイルの研究と脚の再解釈であり、再構築され、再定義されます。デスクの天板にはしっかりとした厚みがあり、金属板の支柱は滑らかでも柔らかでもない形状で、はっきりとした角と光の反射を生み出します。

X9コレクションは役員室に置かれ、レザーのインサートが周囲の環境を飾り、木材が製品の素材感を引き立て、厚みのあるエッジが来客への敬意を表しています。一方、X5は、システムとレイアウトの多用途性により、機能とデザインが完璧に統合され、ワークスペースに配置されます。製品のデザインとは、伝統と実験の完璧なバランスを達成するために慎重に材料を選択することです。その結果は、熟成と再評価の調和を表していなければなりません。2つのラインの言語は同じで、厳格かつエレガントであり、効率と入念かつ巧みに研究されたバランスを表現しています。そして、GabrielPolloni Associatiスタジオで示されているように、経験や業務のやりとりを促したいと考えています。

ニュースレターを登録しますか?

This field is for validation purposes and should be left unchanged.

Quadrifoglio Sistemi d’Arredo S.P.A © 2024 | N. Registro Imprese di Provincia: TV N°201385